基本のワキ汗対策術

ワキ汗

ワキ汗は日常でいつでもかくことがあります。スポーツしたときは当然のごとく、寝ている間でも汗をかくものです。
汗は体温調節のために必要なものですが、汗の量が多いと、それはそれで困りものです。
とくにワキ汗は顔などのようにハンカチでサッと拭くことも出来ず、仕事に影響を感じることもあるかと思います。

 

ここでは、基本のワキ汗対策術をご紹介します。

 

<普段の服を変える>

基本のワキ汗対策術

脇の下は蒸れやすいので、ひとつは通気性の良いものを選ぶことが大切です。
また、脇の下に汗が溜まると、汗染みが目立ってしまうので汗が目立たない色の服を選ぶなどの工夫もおすすめです。
インナーは汗を吸収してアウターにはみ出ないものを選ぶと、汗染み対策になります。

<ワキ汗対策グッズを使う>

基本のワキ汗対策術

たとえば、ワキ汗パッドなどを使うと、ワキ汗を抑えることが出来ます。汗自体の分泌量はほとんど変わりませんが、染み対策になります。
パッドは使い捨てタイプや腕に装着するタイプなどがあります。

<ワキ汗を抑えるグッズを使う>

基本のワキ汗対策術

ワキ汗そのものを防ぐグッズとして、制汗剤などがあります。
発汗量が多い人は市販の制汗剤では実感力が低いかもしれませんが、強力な制汗剤製品を使うと、効果的に汗を抑えることができます。

このように基本のワキ汗対策だけでも方法は色々とあります。
服を変えたり、また食生活の見直しも対策になります。
そして、グッズを利用する場合には、根本的に汗の量を抑えるアプローチと、汗をかいたあとのケアするアプローチをダブル使いすると効果的です。

ワキ汗対策にオススメ!制汗グッズランキング

 

ワキ汗

NOANDE(ノアンデ)の特徴

有効成分に肌にやさしく効果は厚生労働省が認めているパラフェノールスルホン酸亜鉛を配合!
NOANDE(ノアンデ)は海外製の最強の制汗剤と言っても過言ではありません。肌にしっかりと吸着し、気になる汗を抑えます。
さらに殺菌成分が使われていて、殺菌力はなんと99.9999%!
朝にワンプッシュ塗るだけで効果が持続しますが、携帯しやすいサイズなので、日中の汗が気になる方も携帯して気になるときにサッとケアできます。

販売価格 9,800円
内容量 内容量
評価 評価5
備考 定期4,960円
 

ワキ汗

CLEANEO(クリアネオ)の特徴

汗に悩んでいる人、臭いに悩んでいる人から選ばれる定番グッズ。
CLEANEO(クリアネオ)は、パラフェノールスルホン酸亜鉛をはじめ、殺菌作用のあるイソプロピルメチルフェノールを配合している強力な制汗剤です。制汗剤としての作用はもちろんですが、殺菌成分の働きも持っているので気になる雑菌の繁殖を防ぐ効果もあります。
さらに、柿渋エキスも配合されているため、ワキ汗の臭い対策にもなります。
これだけの有効成分が使われていますが保存料は無添加で、もちろん国産なので安心。
朝出掛ける前に1回塗るだけで、効果は長持ちします。

販売価格 5,980円
内容量 内容量
評価 評価4.5
備考 定期4,980円
 

ワキ汗

ラポマインの特徴

ラポマインは汗と皮膚常在菌による気になる臭い対策にも効果的な成分です。どちらかというと、消臭効果に特化しています。
優れた消臭成分の柿渋エキスが配合されていて、強い脇の臭いもシャットアウト。

販売価格 8,900円
内容量 内容量
評価 評価4
備考 定期5,980円
 

ワキ汗

ミスパリ デオドラントクリームの特徴

大人気のエステサロン、ミスパリが販売するデオドラントクリームは、汗や臭いが気になる女性の間で話題のグッズです。
エステならではの高品質、そして美容成分を配合しているところがポイント。脇の下だけではなく、全身の気になる部分に使えます。

販売価格 3,990円
内容量 内容量
評価 評価3
備考
 

ワキ汗

デトランスαの特徴

重度のワキ汗にも効果的!デトランスαは、多汗症の治療でも使われる有効成分の塩化アルミニウムを使っています。
塩化アルミニウムは効き目もよく、ワキ汗の多い人でも1度塗っておくだけでサラサラが1日持続します。
スプレータイプで満足できなかった方も、こちらの海外製で強力な制汗剤は実感力があります。
1日1回、乾いた肌に塗るだけでサラッとした仕上がりに。コストパフォーマンスの高さも高く評価されています。

販売価格 2,900円
内容量 内容量
評価 評価2
備考

ワキ汗を抑える方法 ワキ汗クリームで解決!最新記事一覧

ワキ汗
多汗症になると、日々の生活に影響することがあります。支障を感じる場合にはまず病院で診察を受けてみましょう。多汗症と診断された場合、適切な治療を受けることができます。治療法にもいくつかあり、症状によって使い分けられます。<塗り薬(外用薬)>多汗症の一般的な治療法として外用薬が処方されます。多汗症の場合...
ワキ汗
汗をかくことは体温をコントロールするためなど、人の持つ機能のひとつですが、汗を多量にかく人もいます。汗の量には個人差があり、適度に汗をかくのが理想的なのですが、多すぎても問題です。身体のさまざまな部位から多量の汗をかく症状を多汗症と言います。たとえば、スポーツをしたあとに汗をかくのは当たり前ですが、...
ワキ汗
汗をかく、ということが人間の生理現象だとしても、大量の汗をかくことは人に相談しにくいデリケートな話です。多汗症で悩んでいるが人には言いにくい方も多いと思いますが、まずは症状を理解し、適切に対策していくようにしましょう。正しい対策方法によって、汗を抑えることが出来ます。多汗症のタイプ別に、対策術を紹介...
ワキ汗
多汗症自体は病気ではありません。発汗量が人より多い状態を指します。汗が多い人は症状のせいで日常生活に支障を感じている方も少なくありません。また、多汗症が病気の症状として起こることもあります。とくに全身多汗症の場合は、何らかの病気が潜んでいる可能性が疑えます。<バセドー病>甲状腺の腫れが主な症状ですが...
ワキ汗
多汗症はさまざまな原因で起こる症状ですが、日々の食生活が影響することもあります。尋常じゃないほどの汗をかくと仕事など日常生活に影響を及ぼすこともあるので、予防したい症状でもあります。病気の場合には適切な治療がありますが、それ以外の場合は食生活の見直しも大切になるでしょう。まず、肥満体型が多汗症と関係...