塗るだけでワキ汗がピタッと止まる!

ワキ汗を抑える方法 ワキ汗クリームで解決!
汗の量は人によりますが、ワキ汗は誰でもかくものです。
頭皮や顔、足など他の部位に比べてると、ワキ汗は比較的多いのですが、それは脇の下に汗腺が集中しているからです。

 

エクリン腺という汗腺が部位の中でも多く存在するため、脇の下は汗をかきやすいとされています。

 

多量の汗をかく方は、汗染みが目立つなど、日々を送るにも困っていることがあると思います。
そこで、当サイトでは、ワキ汗をピタッと!止めるために、オススメのグッズを紹介しています。

 

ワキ汗の量が多い方は、市販の制汗スプレーの効き目も薄く、冬の寒い時期でも関係なく汗をかきやすい傾向にあるので、強力な制汗剤をお勧めします。

実感力の高いワキ汗を抑えるグッズについて

ワキ汗を抑える方法 ワキ汗クリームで解決!

制汗剤にもさまざまな種類があり、ものによって配合成分は異なります。
一般的にドラッグストアなどで販売している制汗剤に満足できなかったという方でも、実感力のあるものを選ぶことで、汗を抑えることができます。
たとえば、「パラフェノールスルホン酸亜鉛」「塩化アルミニウム」を使用したタイプの制汗剤は実感力が違い、市販の制汗剤でいまいち実感出来なかった人からも評価されています。

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛とは、ワキ汗を抑える作用が厚生労働省に認められています。
この成分を配合しているグッズでは、『CLEANEO(クリアネオ)』や『NOANDE(ノアンデ)』があります。

 

塩化アルミニウムとは、病院でも使われる成分で、多汗症の方の治療でも用いられます。
この成分を配合しているグッズでは、『デトランスα』です。

 

肌への負担で比較した場合、パラフェノールスルホン酸亜鉛の方がやさしいので、まずはクリアネオやノアンデを試してみてはいかがでしょうか。
汗の量が多量で重度なレベルと感じる方には、塩化アルミニウムの方にメリットがあります。

ワキ汗対策にオススメ!制汗グッズランキング

 

ワキ汗クリーム

NOANDE(ノアンデ)の特徴

有効成分に肌にやさしく効果は厚生労働省が認めているパラフェノールスルホン酸亜鉛を配合!
NOANDE(ノアンデ)は海外製の最強の制汗剤と言っても過言ではありません。肌にしっかりと吸着し、気になる汗を抑えます。
さらに殺菌成分が使われていて、殺菌力はなんと99.9999%!
朝にワンプッシュ塗るだけで効果が持続しますが、携帯しやすいサイズなので、日中の汗が気になる方も携帯して気になるときにサッとケアできます。

販売価格 9,800円
内容量 内容量
評価 評価5
備考 定期4,960円
 

ワキ汗クリーム

CLEANEO(クリアネオ)の特徴

汗に悩んでいる人、臭いに悩んでいる人から選ばれる定番グッズ。
CLEANEO(クリアネオ)は、パラフェノールスルホン酸亜鉛をはじめ、殺菌作用のあるイソプロピルメチルフェノールを配合している強力な制汗剤です。制汗剤としての作用はもちろんですが、殺菌成分の働きも持っているので気になる雑菌の繁殖を防ぐ効果もあります。
さらに、柿渋エキスも配合されているため、ワキ汗の臭い対策にもなります。
これだけの有効成分が使われていますが保存料は無添加で、もちろん国産なので安心。
朝出掛ける前に1回塗るだけで、効果は長持ちします。

販売価格 5,980円
内容量 内容量
評価 評価4.5
備考 定期4,980円
 

ワキ汗クリーム

ラポマインの特徴

ラポマインは汗と皮膚常在菌による気になる臭い対策にも効果的な成分です。どちらかというと、消臭効果に特化しています。
優れた消臭成分の柿渋エキスが配合されていて、強い脇の臭いもシャットアウト。

販売価格 8,900円
内容量 内容量
評価 評価4
備考 定期5,980円
 

ワキ汗クリーム

ミスパリ デオドラントクリームの特徴

大人気のエステサロン、ミスパリが販売するデオドラントクリームは、汗や臭いが気になる女性の間で話題のグッズです。
エステならではの高品質、そして美容成分を配合しているところがポイント。脇の下だけではなく、全身の気になる部分に使えます。

販売価格 3,990円
内容量 内容量
評価 評価3
備考
 

ワキ汗クリーム

デトランスαの特徴

重度のワキ汗にも効果的!デトランスαは、多汗症の治療でも使われる有効成分の塩化アルミニウムを使っています。
塩化アルミニウムは効き目もよく、ワキ汗の多い人でも1度塗っておくだけでサラサラが1日持続します。
スプレータイプで満足できなかった方も、こちらの海外製で強力な制汗剤は実感力があります。
1日1回、乾いた肌に塗るだけでサラッとした仕上がりに。コストパフォーマンスの高さも高く評価されています。

販売価格 2,900円
内容量 内容量
評価 評価2
備考

 

ワキだけでなく、顏や頭皮の汗をかく方に

ワキ汗に悩んでいる方で、同時に顔や頭皮の汗にも困っている方には、デリケートな部分でも使えて、なおかつ制汗座用に優れたグッズを使うことをおすすめします。
全身の汗をピタッと止めたい方には、『プロバンサイン』という医薬品をご紹介します。
こちらは内服薬で、外側から塗るものではありません。ですが、体の中から有効成分が働きかけて、気になる汗の量を抑える効果があらわれます。
医薬品でも一般的に処方薬であるため、診察を受けることが必要になります。ただし、海外からの取り寄せで購入することが可能です。

医薬品の『プロバンサイン』とは?

ワキ汗を抑える方法 ワキ汗クリームで解決!

身体のいたるところに汗腺があり、そこから分泌される汗の量は個人差があります。
多量の汗をかく人にとって、ほとんど汗をかかず常にサラッとしている人は羨ましいですよね。
自分が汗っかきなために、人とのコミュニケーションが上手くとれなかったり、コンプレックスに感じて精神的に落ち込む方もいらっしゃるかと思います。
また、多汗症は季節に関係なく汗が出る状態で、夏以外の季節に汗をかくことも多いです。
汗に悩んでいる方には、強力な制汗グッズを紹介します。

 

ここで紹介する『プロバンサイン』とは、内服タイプの多汗症の症状に利用されるお薬です。

 

プロバンサインの効果

プロバンサインには、アセチルコリンという体内の神経伝達物質の働きを抑える効果があります。
アセチルコリンは、神経細胞から神経細胞へと情報を伝達する役目のある物質で、この働きによって血管の拡張や心拍数の低下、そして発汗を促す仕組みになっています。
汗が多い人は、アセチルコリンが活性化していることも考えられるため、アセチルコリンを抑えることが制汗につながると考えられます。胃液や唾液などの分泌も減らすことができ、多汗症の症状改善に効果的です。
また、内服薬であるため、部位関係なく、気になる汗を抑えることができるところがメリットのひとつです。

 

プロバンサインの服用方法
プロバンサインは医薬品ですので、必ず用法用量を守るようにしてください。

基本の服用方法は1日3回、1回1錠となっています。
また、プロバンサインと飲みあわせの悪い薬もあるため、服用する場合には掛かりつけのお医者さんや多汗症で治療中の方は主治医に他の内服薬を説明し、相談しましょう。

 

プロバンサインの注意点や副作用
プロバンサインはお薬なので効果がある反面、副作用のリスクもあります。

<目の乾き>

ワキ汗を抑える方法 ワキ汗クリームで解決!

目の乾きの副作用が報告されているようです。
とくにコンタクトレンズを使用している方は、装着しにくくなったりすることもあるため、薬の量を調整するか、または服用中はメガネに変えるなどの工夫をしましょう。また、目を潤すように必要なときには目薬も使うようにしましょう。

<口の乾き>

ワキ汗を抑える方法 ワキ汗クリームで解決!

汗を抑えるだけではなく、唾液や胃液の分泌を抑える作用もプロバンサインにあるため、口がむしょうに乾くことがあります。唾液は口内を潤して清潔にするなどの役割があるため、口の渇きの副作用が重度なときにはプロバンサインの服用量を減らすように調節してください。

<ほてりや熱感>

ワキ汗を抑える方法 ワキ汗クリームで解決!

エクリン腺から分泌される汗は体温調節の役割をになっているため、汗を抑えるはたらきによって熱が外に発散されず、ほてりや熱っぽさを感じることがあります。
気温が高い日や暖房がきいた温かい部屋などで過ごすときには熱がこもることで体調を壊す恐れもあるので注意してください。

 

プロバンサインの購入方法
基本的にプロバンサインは処方薬が必要な薬です。

国内でも多汗症の治療薬として処方されるため、診察を受けて多汗症と診断された場合に薬を購入することができます。また、基本的に保険適用となります。
ただし、医師の診断なしでも購入できる方法はあります。それは、個人輸入を利用した通販方法です。
しかしプロバンサインは副作用のリスクもあるため、これを服用する場合には、まずは診察を受けた方が身のためです。
飲み合わせの悪い薬もありますので、一度、専門の病院で診察を受けてみましょう。

ワキ汗を抑える方法 ワキ汗クリームで解決!最新記事一覧

ワキ汗
多汗症になると、日々の生活に影響することがあります。支障を感じる場合にはまず病院で診察を受けてみましょう。多汗症と診断された場合、適切な治療を受けることができます。治療法にもいくつかあり、症状によって使い分けられます。<塗り薬(外用薬)>多汗症の一般的な治療法として外用薬が処方されます。多汗症の場合...
ワキ汗
汗をかくことは体温をコントロールするためなど、人の持つ機能のひとつですが、汗を多量にかく人もいます。汗の量には個人差があり、適度に汗をかくのが理想的なのですが、多すぎても問題です。身体のさまざまな部位から多量の汗をかく症状を多汗症と言います。たとえば、スポーツをしたあとに汗をかくのは当たり前ですが、...
ワキ汗
汗をかく、ということが人間の生理現象だとしても、大量の汗をかくことは人に相談しにくいデリケートな話です。多汗症で悩んでいるが人には言いにくい方も多いと思いますが、まずは症状を理解し、適切に対策していくようにしましょう。正しい対策方法によって、汗を抑えることが出来ます。多汗症のタイプ別に、対策術を紹介...
ワキ汗
多汗症自体は病気ではありません。発汗量が人より多い状態を指します。汗が多い人は症状のせいで日常生活に支障を感じている方も少なくありません。また、多汗症が病気の症状として起こることもあります。とくに全身多汗症の場合は、何らかの病気が潜んでいる可能性が疑えます。<バセドー病>甲状腺の腫れが主な症状ですが...
ワキ汗
多汗症はさまざまな原因で起こる症状ですが、日々の食生活が影響することもあります。尋常じゃないほどの汗をかくと仕事など日常生活に影響を及ぼすこともあるので、予防したい症状でもあります。病気の場合には適切な治療がありますが、それ以外の場合は食生活の見直しも大切になるでしょう。まず、肥満体型が多汗症と関係...
ワキ汗
多汗症対策のグッズといったら、制汗剤がポピュラーですが、体の中から対策する意味でサプリメントもおすすめです。制汗剤では汗腺に直接働きかけて汗を抑える効果に期待でき、一緒にサプリメントを活用すると、体内から制汗作用が発揮されて、より多汗症の予防になります。まずは食生活の改善が基本になりますが、食事の見...
多汗症と診断された場合、塩化アルミニウムを利用した治療法が一般的ですが、それに合わせて、病院では内服薬も利用します。このことから分かるように、体の中からのアプローチも多汗症対策になります。一般的に西洋薬を使いますが、副作用など抵抗を感じる方には、他の方法もあります。それは、「漢方薬」です。サプリメン...
ワキ汗
一般的に体温調節のために汗をかくのは生理現象ですが、発汗量が多い多汗症という症状もあります。多汗症にはタイプがあり、全身から汗が噴き出るケースの他に、局所的な多汗症もあります。脇の下や手足、頭皮、そして「顔」も多汗症の症状が出る部位です。顔にも部分的に汗腺や皮脂腺が存在するため、汗をかきやすい部分で...
ワキ汗
人は体温調節のために汗をかく機能があるのですが、その汗の量には個人差があります。多汗症の場合は汗が多量に出て、コンプレックスに感じることが多いです。多汗症の症状は人によっても起こる部位が異なりますが、頭部多汗症に悩んでいる人も少なくありません。頭皮にももともと汗腺が多く存在するので汗をかきやすく、さ...
ワキ汗
臭いが強くなく、とにかく汗の量が多い人は、「エクリン腺」という汗腺が活発になっていることが考えられます。もうひとつ、「アポクリン腺」という汗腺がありますが、これはワキガの人に多い汗腺です。一般的に汗臭いくらいの汗については、エクリン腺から分泌されます。エクリン腺から汗を分泌することで私たちは体内の温...